【4ミニ道】Route.1-メッキマフラーのサビを落とす【JAZZ】

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

新たな相棒『JAZZ』と4ミニの道へと足を踏み入れました。
なんだか帰ってくることができなさそうなエリアに踏み出してしまいましたが、いずれ通っていた道のはずです。

これから本格的に色々いじっていこうと思うわけですが、まずはカスタムよりもメンテナンスをしなくてはいけません!
なにせ2年間ほとんど放置されていたわけですから・・・笑

簡単なところだとオイル交換を始め、急ぎではないもののフロントフォークのオーバーホールもしなくてはならないような状態です。

やることが多くて何から手を付けて良いのかわからない状態ですが、まずは簡単なところから・・・

ということで今回は、メッキマフラーのさび取りを行っていきたいと思います
なんか、いっつもマフラーのさび取りしてんなぁ・・・笑


-スポンサードリンク-


現在のマフラーの状態

まずは現在のマフラーの状態から確認してみましょう

メッキマフラー サビ

マフラー サビ

サビ落とし

おっふ・・・
これは過去最高にグレートじゃないですか・・・

とは言え、広範囲に錆びているものの根は深くなさそうです。
メッキを剥がして錆びているようにも見えませんので、再塗装の必要はなさそうです

因みにマフラーはキタコのマフラーです。
最初は変えようと思っていましたが、JMCA通っていて音が良かったのでこのまま使用します

使用する道具

主な作業はさび取りになります。
対象が”メッキ“なので対応しているケミカルを使用しないと剥がれてしまいますので注意が必要です!

DAYTONA

今回の要です。
塗って放置するだけで簡単にさび取りができるという優れもの。
ブラシが届きづらい場所や広範囲やるには便利です♪

メッキにも使用できますが、剥がしてしまう恐れがありますので、先ずは目立たない場所に使用し問題がないかパッチテストをしてから使用しましょう(僕はしませんでした。爆)

▼ 参考記事
メッキマフラーのサビ落とし。サビ取りジェル編

ウルトラファインスチールウール

メッキのさび取りに向いているスチールウールです。
点錆びに対して軽くこすってやるだけでオッケーです。

こちらも過去に使用していますのでそちらを参考にしてください!

参考記事
メッキマフラーのサビ落とし。ファインスチールウール編

ホワイトダイヤモンド

クローム・アルミ・ステン・真鍮などに使用できる、洗浄・研磨・艶出し・保護剤

金属表面の酸化膜や変色を取り除き新品の様な輝きを出すことができます。
磨いた後も保護膜により、輝きを維持することができます♪

こちらは仕上げとして使用します!

パーツクリーナー

言わずもがな、作業の必需品です。
さび取り剤を使用した後はきれいにふき取ってあげましょう


-スポンサードリンク-


果たして結果は・・・

作業自体は『塗って放置し拭き取る』を繰り返すだけですのでカットさせて頂きます。

▼ こちらで詳しくやっています
メッキマフラーのサビ落とし。サビ取りジェル編

早速結果を見て頂きましょう

メッキマフラー 磨き

メッキマフラー サビ落とし

マフラー サビ落とし

おおー!とてもキレイになりましたね
ここまでキレイになれば合格点です♪

作業も放置するだけで大したこともしていませんし、さび取りジェルイイですね♪

JAZZはメッキパーツを多数仕様されていますので、他のパーツもこれできれいにしようと思います!

JAZZのカスタム・メンテナンスはこちらでまとめていますので、よろしければ今後も見てやってください♪

【準備中】

それでは


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ