ロングツーリングにオススメなツーリングバッグは?実際に使用したシートバッグやサイドバッグ

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

新年始まって1週間が経過いたしましたね。
2018年もどこかにロングツーリングに出かけよう!と今から計画していますφ(..)

去年は約1ヶ月ほど北海道に行きましたね。いやぁ楽しかった(*´艸`*)

今年は去年とは逆の四国・九州方面が最有力ですが、正直北海道にも行きたいと思っています。笑
それくらい楽しかったですね♪

皆様も何処かに行きたいor行ってみたいと思っているかと思います。

そこで今回は、1ヶ月に及んだロングツーリングの際に使用した道具をご紹介させていただきたいと思います(^O^)/
先ずは『ツーリングバッグ

まだ道具が揃っていない!って方の参考になればと思っています♪


-スポンサードリンク-


車載の要『シートバッグ』

タナックス(TANAX) キャンピングシートバッグ2 モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-102 (可変容量59-75ℓ)

バイクにて1ヶ月ものツーリングになると、それなりの量の”物”を積んで運ぶ必要があります。
その際にとても大きな役割を果たしてくれるのが「シートバッグ

シートバッグで重要になってくるのは「容量」
小さいもので10L程から、大きいもので70Lくらいまであります。


記憶が正しければ”10Lで1泊分”だったはずです。
今回のツーリングは30泊になるので、300Lが必要ですね!!

まぁそんな大容量なものは実在しませんので、とりあえず一番大きいものを購入しました。

MOTOFIZZの可変式シートバッグ
容量は59L-75Lです

他にも選択肢としてGOLDWINの可変式シートバッグがありました。
容量は48-78L


※こちらは42L-53Lです

GOLDWINは物が入っていなくてもある程度自立してくれるのですが、MOTOFIZZの方が細かいフックや小物入れが充実していたので選択しました。
恐らく大容量となるとGOLDWIN,MOTOFIZZの択になると思います。

正直言って使いづらかった『サイドバッグ』

タナックス(TANAX) ツアーシェルケース モトフィズ(MOTOFIZZ) カーボン MFK-208(容量40ℓ(片側20ℓ))

シート以外に使用できる積載スペースと言えばサイド部分
シートバッグ70Lだけでは不安でしたので、同メーカーMOTOFIZZのサイドバッグも追加
容量は片側で20Lずつ(計40L)、表面だけハードのセミハードケースです。

語弊があるといけないので先に弁解しておきますが、こちらのセミハードケース自体は使いやすく容量も十分!
ツーリング中色々なバイクを見てきましたが、このセミハードケースの装着率は相当高かったです。
それだけ皆さんも気に入って使用していたということですね♪

では何が使いづらかったか?

それはシートバッグとの併用で起こる開け閉めのし辛さ・・・

シートバッグの横幅が広くサイドケースの上まで来てしまっており、サイドケースのチャックを開けようとするとシートバッグが邪魔なこと邪魔なこと(;´∀`)
使用する上で問題ありませんでしたが、予備のアイテムや着替えなどできるだけ荷物の出し入れが少ないものを入れるようにしていました。

とは言えこのセミハードケースが便利なことは代わりありませんので、シートバッグを小さくするか位置を工夫する必要はありますね!

後から追加購入『タンクバッグ』

タナックス(TANAX) スラントタンクバッグM モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-084(容量5.1ℓ)

シート・サイドと来て、最後に思いつく部分・・・そうタンクですね!
私の乗っているNinja400は残念ながらタンクバッグが装着し辛い構造になっています
参考:【GIVI】脱着楽チンで、傷が付き辛い!タンクロックシリーズがスゴイ【タンクバッグ】

積載もシートで75L、サイドで40L、計115Lと十分稼げていたので、タンクバッグの必要性は感じていませんでした。

しかし、いざツーリングに出てみるとこれが結構欲しくなるんです!
ちょっと小物を入れたいときや、雨が振ってきて電子機器を一時避難させたいときなど
「あータンクバッグがあればなぁ・・・」って思う機会が本当に多い!笑

なのでツーリングの合間に買いました。笑

なんと容量0.4L!
本当に小物入れレベルです。笑

ですが、本当に買って正解!
防水ケースも付属してきますのでスマホやアクションカムなど濡れてほしくないものを避難させたり、小銭やチケット類をバッとしまったりと大活躍!

あとはヒモを通してグローブを挟めるようにして、はめ直すほどではない距離の移動時にも役立ちました♪

大間 フェリー バイク
▲ クリップとして大活躍

言うなれば「シーズン途中に加入して来て本塁打王獲ってしまう助っ人外国人」みたいな感じです ←大活躍じゃねぇか。笑

これくらいのサイズであれば運転の邪魔にもなりませんし、大した荷物にもなりませんので持っていてもいいと思います♪


-スポンサードリンク-


これは良かった!積載便利道具

タナックス(TANAX) ツーリングネットV モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック 3Lサイズ(80L) MF-4644

最後に積載する際にとても役に立った商品を幾つかご紹介!

ストレッチストラップ

一見よくわからない商品ですが、これがメチャクチャ便利!!
言うならば「シーズン途中に加入してシーズンMVPを獲ってしまう助っ人外国人」みたいな感じです ←複数年大型契約不可避じゃねぇか!

わかりやすく言うと”タイダウンベルト”です
太くなっている部分がゴムでできていますので、トルクをかけて物を固定することができます。

これはシートバッグの上にリュックサックを固定するために使用していました。

Ninja400
▲ 分かり辛いですが、ピンク色のやつです

これの上にツーリングネットをかけてしまえばもう完璧です!

Crops 30cmダイヤルロック

車両にもよりますが、サイドバッグを装着するとヘルメットロックが使用できなくなります。
こちらの商品はヘルメットをロックするために大活躍。

ハンドルに通して、ヘルメットのDリングに通すことで簡単にロック完了!
長さも30cmしかありませんので、使用していないときもハンドル周りに適当にくっつけておけますので邪魔になりません。

ダイヤル式ですので鍵を持ち運ぶ必要もないので楽ちんです♪

ロングツーリングに行こう♪

本州最北端 大間

私が実際にロングツーリングの際に使用していたツーリングバッグを紹介させていただきました。
ツーリングバッグの組み合わせは方法はたくさんあります。車両や用途、日数によっても大きく変わることでしょう。

想定シーンを想像してから自分に合ったものを見つけ出しましょう♪

それでは


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

2 Responses to “ロングツーリングにオススメなツーリングバッグは?実際に使用したシートバッグやサイドバッグ”

  1. ハマやん より:

    こんにちは^^いつも、大変参考になります!装備に迷ったら、キョウスケさん頼みw今年はどちらへいかれるんですかね〜?楽しいバイクライフを(^^ゞ

    • kyosuke より:

      >ハマやんさん

      コメントありがとうございます!
      今年は九州方面か北海道か・・・1週間くらいですがどこかに行こうと思っています♪

      まだまだ寒いですが体調や路面凍結に気を付けてください♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ