【Gアク整備物語】第30話。マグネットセンサー可動のデジタルスピードメーターを取り付ける【グランドアクシス】

グランドアクシス 整備 ロゴ

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

先日マフラーを替え、メインジェットの番手上げも行いパワーアップを図りました。
第24話。遂に”高性能マフラー”を装着!レースで培われた技術力K2tecスポーツマフラー

結果は見事にパワーアップに成功♪
キャブも駆動系のセッティングもとりあえずは一段落。

そこで、実際に走行してみると・・・

おお!メーター振り切っているΣ(゚∀゚ノ)ノ
グランドアクシスアクシスのメーターは100kmまでの表示です

今まではMAX95kmでしたので、5km以上は上がっていますね♪

とりあえずは満足行く結果になりましたが、できることなら何キロ出ているのか知りたい!

ということで、今回は新たにスピードメーターを増設したいと思います


-スポンサードリンク-


スピードメーター取り付け方法

スピードメーター 機械式 電気式

スピードメーターには、スピードメーターケーブルを使用する”機械式”と、各種センサーから信号を受信する”電気式”があります。
グランドアクシスは機械式にあたりますので、電気式のものをポン付けで使用することは不可能です。

機械式を使用する場合

YAMAHA ( ヤマハ純正 ) スピードメーターASSY グランドアクシス 990501

グランドアクシスのメーターは100kmまでの表示
そこで第一に白羽の矢が立ったのは、台湾ヤマハの120kmメーター

これならば価格は4000円ちょっと
殆ど加工無しで取り付けられるみたいですので、うってつけの商品であると思います。

ただし、ハッピーメーター(らしい)
出来れば正確なのが欲しいので一旦保留とします。

他の機械式メーターを使用する方法もありますが、残念ながらスクーターでは加工が必要な場合が殆どで取付後も不格好になります。

電気式を使用する場合

電気式を使用する場合は、機械式メーターをそのままにし新たに電気式を取り付ける形になります。

今回思いついた方法は2つ、順番にご紹介します。

変換アダプターを使用する

デイトナ 93390 スピードメーター変換

機械式のスピードメーターケーブルに、電気式の信号を出せるようにする変換アダプター
機械式のスピードメーターはそのまま使用でき、電気式も使用することができます。

残念ながら費用がかさばってしまいますが、正確性は高さそうです♪

マグネットセンサーを使用する

今回使用する方法はこちら

車体側のブレーキディスクローターのボルトやマグネットを取り付けし、ホイールの回転数からスピードを検知する方法です

スピードセンサー アクティブ

別途センサーを用意する必要がある場合があり費用がかかります。
センサーの位置を微調整してあげる必要があったりと、正確さを出そうとすると手間もかかります。

では、なぜこちらにするのか?

それは今回使用するスピードメーターが、この方法に対応しているからです

数ヶ月前に”破格”の値段で購入し、ずっと眠っていた「ラップタイムモニター」です

名の通り、本来はサーキット等でラップタイムを計測するために使用します。
が、説明書をよく見てみると・・・

アクティブ ラップタイムモニター 説明書

おや?
別売りですがスピードセンサーの取り付けができるではありませんか!

つまり!スピードメーターとして使用できるということ

・・・・・・・って、よく見るとタコメーターとしても使用できるやんけぇ!!

アクティブ タコメーター スピードメーター

しかも、タコメーターとスピードメーターを同時に表示できるやんけーー!!!

つまり、この前買ったタコメーターは必要じゃなかったということですね^^
第27話。長き宿縁に終止符を打とうぞ!タコメーター取り付けェ!

ありがとうございましたァ!笑


-スポンサードリンク-


スピードメーター取り付け作業

〈手順1〉取り付け場所を決める

スピードメーター スクーター バイク

まずは取り付け位置を決めます。

今回は、前回取り付けた汎用ステーに取り付けをします。
第29話。汎用ステー活用法。ハンドルまわりを拡張し、メーターステーを取り付ける

〈手順2〉ACC電源の取り出し

バイク 配線
※画像の配線説明は別記事のものです。

今回使用する配線は、ACCとアースの2本のみです。
ACCはホーンから、アースはバッテリーに直に繋ぎます。

◎参考リンク:ACC電源の取り方

バッテリーまでの配線は上記の画像とほぼ同じルートを通します。

〈手順3〉スピードセンサーの取り付け

スピードセンサー アクティブ

取り付けをするのはこういったタイプのもの
ホイール上の等間隔かつ連続的に感知のできる金属を検出物体とします

主にディスクローターのボルトが対象になることが多いです。

スピードメーター ディスクローター ボルト

私もこちらを検出物体とし取り付けを行います。

使用するスピードセンサーとステーはこちら

ACTIVE アクティブ/スピードセンサーNEW デジタルモニター/コンパクト リペアパーツ [スピード/ラップタイム]
ACTIVE アクティブ/スピードセンサーNEW デジタルモニター/コンパクト リペアパーツ [スピード/ラップタイム] 汎用

そして、いきなりですが取付後がこちら

アクティブ スピードセンサー 取り付け

ステーを叩いて曲げて、キャリパーボルトと共締めにして取り付けしました。
ローターボルトとの距離は約2~3mm

センサーの配線はブレーキホースと共に上へと伸ばしています。

これが一番大変でした・・・(;´∀`)

〈手順4〉動作テスト

取り外ししたカウルをもとに戻す前に動作テストを行います。

  • ACCが正確に取れているか?
  • キーをオンにして動作するかチェック!

  • スピードセンサーは正常に感知できているか?
  • アクティブのセンサーは検出物体を完治するとランプが点灯するので、前輪を空転させて確認します。

  • ホーンは鳴るか?
  • 今回のACCはホーンに割り込ませているので、鳴るかチェックします。
    ACCを取ったところ以外も確認するのがベストですね♪

動作テスト後、作業終了です♪
お疲れ様でした!

ついでにパルス信号も拾いました

タコメーター プラグコード

今回はスピードメーターの取り付けを行いました。
スピードメーターとのズレが若干あるものの、検出もできています^^

もう少し苦戦するかと思いましたが、結構すんなりできました♪

そして、タコメーターとしても使用できるみたいなので、折角ですのでパルス信号も拾いました。

タコメーター プラグコード 巻き付け
▲ プラグコードに巻き付けます

タコメーター パルス信号 プラグ イグニッションコイル
▲ 上からビニールテープで保護します

以前取り付けしたDAYTONAのタコメーターが十の位まで回転数を表示できるのに対し、アクティブのものは百の位までだったので、より正確な回転数を示せているのはDAYTONAのものなのかと思います。CDIから点火信号をもらっていますし。

ですが±50rpmの範囲内で精度も高く、百の位まで見れれば良いのでそのうちDAYTONAのタコメーターは外すかもしれません。笑

ということで!何はともあれ、スピードメーターを取り付けたいと思っている方へ参考になれば幸いです。

それでは


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ