【Ninja400/R】「BEET フォワードハンドル」で、確実なフロント荷重を

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

Ninja400に乗り始めてもう10ヶ月になろうとしています。
月日が立つのは本当に早いな~と過ぎてから思うことばかりです(^_^;)

特にこれと言った不満もなく満足しています(*^^*)

私は魅力の1つとして、乗車姿勢の良さをお伝えしてきました。

ネイキッドタイプのようなポジションで長距離ツーリングの際などはすごく助かるんですが、少し物足りなさを感じてしまうんですよね・・・。

バーハンドルなのである程度は仕方ありませんが、セパレートハンドルのZX-14RやNinja1000のような前傾姿勢というものに憧れます(*´艸`*)

そんな希望を叶えてくれるかも?ということで、今回ご紹介するのが「BEETJAPAN」から出ているバーハンドルです(^o^)/


-スポンサードリンク-


「BEET JAPAN」フォワードハンドル

BEET フォワードハンドル ステッカー

今回ご紹介するのは、BEETJAPANから出ているフォワードハンドル
品番:0605-KA7-00

純正ハンドルポジションから約25mm下方にポジションを移動することができます(*^^*)

ハンドルを変えるだけで、より確実な前傾姿勢にすることが可能になります(*´艸`*)

BEET(ビート) レーシングフォワードハンドル Ninja400/R 0605-KA7-00

BEET(ビート) レーシングフォワードハンドル Ninja400/R 0605-KA7-00

7,700円(05/14 16:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

色はグレー。ジュラルミングレーアルマイト処理が施されています(*^^*)

ジェラルミングレーが色の名前なのかはわかりませんが、他社のハンドルでも中々ない色でキレイです
個性出したい方には良いかもしれませんね(^o^)/

そして、ハンドルの中央にはBEETJAPANのロゴも入っています♪

BEET フォワードハンドル

beet ハンドル

出典:https://www.webike.net/brand/85/ranking/hot/

ハンドルを取り付けた際に中央に見えるようなデザインになっていますね(*^^*)

ハンドルの角度を調整するためのゲージも付いているのでわかりやすいですね♪

こちらのハンドルは、スプロケットメーカー「X.A.M」とのコラボーレーション商品で、裏にはX.A.Mのロゴも入っています^^

BEET X.A.M ハンドル

X.A.Mのスプロケットを使っている人も多いのではないでしょうか(*^^*)

私も使う”予定”です。笑

Ninja400/R 適合商品

通常、汎用品のハンドルを使用し、ハンドル交換する際には穴あけ加工が必要になることが多いです。

何のために必要なのか・・・
グリップの横に、ウィンカーやセルスイッチなどが付いているスイッチボックスと言うものがありますよね?

実はスイッチボックスには、ズレないように突起物が付いています。
その突起物をはめ込むための穴がハンドルには必要になります

そして、こちらのバーハンドルはNinja400/400Rの適合商品!

最初からスイッチボックス用の穴あけ加工がされています(*´艸`*)

BEET フォワードハンドル Ninja400

面倒な穴あけをすることなく交換することができますので、ズレて失敗してしまったりする心配がありません♪

これも購入の大きな決め手になりましたね^^

[注意]バーエンドも付属しているが・・・

BEET フォワードハンドル 付属品

画像は付属品です。下にしいている大きなステッカーは別売りです^^

付属品の中にはバーエンドも付属していますが、注意が必要です。

Ninja400の純正ハンドルは、バーエンドをボルトで固定しています。
その為、ハンドルの中にはネジ穴が切ってあります。

しかし、フォワードハンドルは中が空洞になっています。
内径はΦ14になります。

フォワードハンドル 内径

何が言いたいかと言うと、純正のバーエンドを使用することはできません!

それだけなら付属を使えば良いのですが、重さが違います。

純正のバーエンドは300g近くありそれなりに重さがあります。

それに対し付属品のは良いところ50gあるかな?ってくらいです。

バーエンドの重さが変わることで何が変わるかというと、ハンドルの振動の量が変わってきます。

純正のバーエンドが重たいのには、ハンドルに伝わってくる振動を抑える役割があります。

それが軽くなるということは、振動が増えるということになります。
これは今回の件だけでなく、バーエンドを変える際にも注意が必要です。

この問題を解決するには、バーエンドを純正に近い重さのものにしてあげる必要があります。
なおかつ、Φ14に対応しているものになります。

これらをクリアしているもので、今後使おうと思っているのはこちらの商品

重量330g、内径Φ14~Φ19に対応しています

カラーバリエーションも結構ありますのでオススメですね(*´艸`*)
見た目はNinja400の純正のものに近いですね♪

付属品のバーエンドを使用すると振動が増えるので注意。
バーエンドを重たいものにするなど対策を!

後日、取り付けします

フォワードハンドルいかがでしたでしょうか?

お察しかと思いますが、私は既に購入済みです(*^^*)

ハンドルポジションを変更してみたかったというのと、BEETが個人的に大好きなメーカーなのでピックアップさせていただきました(*^^*)
事故を起こした時にハンドルを多少曲げてしまっていたので、というのもありますね(;´∀`)

後日取り付けを行いますので、また記事にさせていただきます(*^^*)

それでは


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

2 Responses to “【Ninja400/R】「BEET フォワードハンドル」で、確実なフロント荷重を”

  1. だいちゃん@ninja400abs より:

    Twitterからお邪魔しました。自分もハリケーンのFat❓やスワロー辺りなんかをどぅかな…と思案しています。いきなり専用設計のセパハンキットにして、あーってなるとお金の無駄遣いになるおそれもあるし、専用キットと随分高さも変わってくるらしいですが、雰囲気と慣れるにはお試し向けに良いかもしれません。ね❗️ ご迷惑でなければまたご意見聴かせてくださーい✋

    • kyosuke より:

      >だいちゃん@ninja400absさん

      コメントありがとうございます♪

      やっぱり純正のハンドルポジションって物足りなさを感じますよね~笑

      以前Twitterでハリケーンのコンドルハン試されている方がいましたよ!
      やはりハンドルロックの時にタンクに干渉しちゃうということをおっしゃられていました。

      スワローハンも詳細はわかりませんが失敗されている方がいらっしゃいました。
      純正でもハンドルロックの際はタンクにギリギリですから、簡単には行かないみたいですね~(;´∀`)

      私もいずれはセパハンにしようと思ってます(*´艸`*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ