【予算1000円】LEDテープでバイクをキレイにドレスアップ♪必要な道具や取り付け手順

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

需要が高そうな『LEDテープで車体をドレスアップ!

ツイッターとかを拝見しているとやってる人多いですよね~。
バイクを買ったばかりの人とかも憧れているんではないでしょうか?

だけどやり方がわからない・・・じゃあ教えましょう!
作業自体はACC電源取出しを同じなので何も難しくありませんよ♪

ただ、私自身はあんまりこのカスタム好きじゃないんですよね・・・
なんというか、若すぎる??

なので今回は、私観的には”ネタカスタム”です
“任意のタイミングで発光させることができるよう”オン/オフスイッチも取付し、常時点灯は避けます
常時点灯が嫌な方は参考にしてみて下さい♪


-スポンサードリンク-


LEDテープ選びと仕上がりのイメージ

まずLEDテープの選定ですが、以下を条件にします

    選定基準

  • 防水であること
  • バイクに取り付けるなら必須です

  • 2m以上あること
  • 使用したい範囲によって変わります

  • +/-の2線であること
  • これは特に気にしなくても大丈夫かと

  • 安いもの
  • ネタなので…笑
    ずっと付けようと思っている方は、レビュー等を参考にしっかりとしたものにしましょう!
    色を任意で変えることができるタイプもあります♪

以上を基準に、予算は1000円以下(部品代のみ)を目標にやらせて頂きます!

ドレスアップのイメージは『ユニコーンガンダム』

隙間からグリーンの光が漏れるようなイメージです♪
あんまりガッツリ光らせても・・・ね。

使用した部品

LEDテープ

今回はグリーンを用意。カットもできて安いもので選択しました。
お値段:¥747

自在に色を変化させたいのであればそちらをご用意しましょう。

スイッチ

オン・オフ機能を付けたいのであれば必要です。今回はとにかく安いものをご用意。
デザイン等はお好みで問題ありません!
値段:¥70(1つあたり)

作業前準備

LEDテープの加工(必要な場合)

今回購入したLEDテープは任意の場所でカットして使用出来るタイプのものですが、ただカットしただけでは使用することができません。
先ずはLEDテープを使用出来る状態にしましょう


これらの配線を用意します。
LEDテープは複数の長さの物を用意し、それぞれをギボシ端子でつなぎます。
余談ですが、カウル脱着の際に外し易くするために行いましたが、今回はフレームに固定する予定だったのでこの工程は全く必要じゃなかった・・・笑


上記の様にカットしたLEDテープに用意した配線をはんだ付けします。
これにより配線を通して電源を取ることが出来る様になります。


はんだ部分を補強するためにグルーガンで固めましたが、他の素材とは思うように引っ付いてくれませんでした。

なので上からビニールテープを巻きました。
これで確実な固定、絶縁ができました。

ここまでできたら接続テスト!全て光る事を確認しましょう
これにてLEDテープの準備は完了です。

カウルとスイッチの加工(必要な場合)

スイッチをカウルに固定するため穴あけの加工を行います。
※スイッチは任意の物で大丈夫です。これを真似する必要はありません。


次にスイッチの加工
配線を通したうえでかしめます。更にその上から伸縮チューブを使用し固定

全体像
これは純正クオリティ!

取り付け作業

取付をするにあたっては「ACC電源取出し」が必要となります。
今回はスイッチを間に挟むのでお忘れなく

参考リンク

参考リンク-ACC電源の取り方


▲ 配線図

LEDテープの取付はフレームに沿わせてタイラップで固定するだけです。
車体をぐるーっと1週させます

点灯確認

思っていた以上に光が漏れませんね・・・
以外にカウルの密閉性が高いという事がわかりました。笑
スイッチの動作も問題ありません♪

LEDテープといえどやっていることはACC電源の取出しにカウル脱着が増えたくらいです。
ACCは色んなことに使用出来ますので、これを機に覚えておくといいですね!

こちらもお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へブログ村ランキング参加しています!
応援の1ポチッ!お願いいたします♪
ツイッター アイコンTwitterやってます!
気軽にフォローしてくださいまし♪
フェイスブック アイコンFacebookも始めました!
20代なのにやりかたが良くわからない…笑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ