【バイク】ブレーキフルード(オイル)の役割と交換時期、基礎的な知識など。命にも関わる”重要消耗品”です

ブレーキフルード バイク

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

皆様日々のメンテナンスしっかり行っていますか??
今回は「命にかかわってくる重要な消耗品」のご紹介をさせていただきます。

その名も『ブレーキフルード(オイル)

初めて聞くって方もいらっしゃると思いますが、交換の目安は1~2年
ブレーキフルードが劣化してしまうと、突然ブレーキが利かなくなってしまったりと大変危険です!

ここでは『ブレーキフルードの役割から基礎的なところ』を学んで行きましょう!


-スポンサードリンク-


ブレーキフルードとは

マスターシリンダー バイク

ブレーキフルードとは、油圧式ブレーキにおいて使用される作動油のことです。
ブレーキオイルとも呼ばれていますが、作動油のため正確にはフルードと呼ぶのが適切です。

ハンドル周りにタンクが設置してある車両は油圧式ブレーキに該当します。
このタンク内にブレーキフルードが入っており、ここからブレーキホースを伝って、ブレーキキャリパーへと繋がっています。

また、ブレーキフルードには以下のような性質が求められます

・粘性が低い
・圧力による体積の変化が小さい
・-50℃でも凝固せず、200℃でも沸騰しない

ブレーキフルードはマスターシリンダーのピストンによって圧力をかけることでブレーキのピストンを押し出します。
また冬場には凍らず、ブレーキの熱にも耐えられる性能が求められます。

規格

ブレーキフルードには規格が定められており、車両毎に設定されている規格を使用する必要があります(主にマスターシリンダーの蓋に記載されてます)
普段なら規格などあんまり気にするものではありませんが、フルードにおいては重要なので目を通しておきましょう!

DOT規格JIS規格ドライ沸点ウエット沸点主成分
DOT3JIS3種/BF-3205℃以上140℃以上グリコール
DOT4JIS4種/BF-4230℃以上155℃以上グリコール
DOT5JIS5種/BF-5260℃以上180℃以上シリコーン
DOT5.1DOT5同様グリコール
なしJIS6種/BF-6250℃以上165℃以上グリコール

現在ほとんどの車両には”DOT4 グリコール系”が使用されています
DOT5 シリコーン系を使用している代表的な車両では「ハーレーダビッドソン車」が挙げられます

ブレーキフルード DOT4

このようにマスターシリンダーの蓋には「USE ONLY DOT4 BRAKE FULID」などと、”DOT4を使用してください”という記載が必ずあります。
これを厳守していれば問題はありません。

なぜ規格が大切?

では、なぜブレーキフルードは規格が重要なのか?
それは沸点そして主成分が変わってくるためです。

DOT3/4/5.1においてはグリコール系が使用されており
DOT5にはシリコーン系が使用されています

グリコール系とシリコーン系は互換性が全くなく、完全に分離してしまいブレーキの動作に支障が出るので混用は不可能です。

そして上記の表を見てもらえばわかるように、それぞれ沸点に違いがありますので厳守しましょう(ドライ沸点・ウェット沸点については後述)

性能を示すドライ沸点・ウェット沸点

ブレーキフルード ドライ ウェット 沸点
▲ ブレーキフルードのパッケージ裏

主流であるグリコール系のブレーキフルードには、それぞれドライ沸点・ウェット沸点と言うものが存在します(パッケージの裏にも記載されています)

ドライ沸点とは、フルードの吸湿率が0%での沸点温度。新品あるいはそれに限りなく近い状態。
ウェット沸点とは、フルードの吸湿率が3.7%での沸点温度。目安として1〜2年経った状態。

一年での吸湿はおおよそ2〜3%と言われており、使用していなかったとしてもそれは変わりません。

ではなぜ”吸湿率”が重視されるのかと言うと、ブレーキならではの理由があります。

ブレーキは高温になりやすく、ブレーキフルードの沸点は200℃以上あります。
しかしここに沸点が100℃の水が混入することで、その水が沸騰しエアーが発生し「べーパーロック現象」が発生します。

【べーパーロック現象】
フルード、水等の液体が、ブレーキで発生する熱により沸騰し気泡が発生。その気泡が液体の流動や圧力の伝達を阻害し、結果ブレーキが正常に動作しなくなる。

フルードは1~2年で交換を

ブレーキフルード 交換 バイク 寿命
▲ 劣化して真っ黒なブレーキフルード

ここまでブレーキフルードの基礎を確認してみましたがいかがでしたでしょうか?

規格やら成分やらで最初は難しく感じるかもしれませんが、一回わかっちゃえばどうってことありません。

ブレーキフルードの寿命はおおよそ1~2年
命にも関わってくる重要なものなので、しっかりと定期的な交換を心がけましょう。

交換作業も後日取り上げさせていただきます♪


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ