【オイルエレメント交換】カートリッジ式フィルターの交換方法、必要な道具など徹底解説

カートリッジ式オイルフィルター_サムネイル

モデル車両:GSR250
【難易度】初級(初心者にもできます)
【作業時間】1時間
【予算】3,000円~(オイルによる)
【工賃目安】1,100円

愛車を良いコンディションに保つためには、オイルの定期的な交換がとても重要です。

このページでは、以下のことをご紹介しています。
・エンジンオイルの交換方法
・カートリッジ式オイルフィルターの交換方法
・必要な道具
・作業上の注意点、ポイント

カートリッジ式のオイルフィルターは、専用工具こそ必要ですが決して難しくありません。
オイルフィルターならではの注意点も含め、初心者でもできるように解説しています。

▼ 下記の記事と一緒に合わせてお読みください ▼

エンジンオイルの役割はこちら
エンジンオイルの交換目安はこちら
▼ 他のオイル交換の記事 ▼

【準備中】オイルのみの交換はこちら
【準備中】内蔵式オイルフィルターの交換はこちら

-スポンサードリンク-


必要なもの

    ● オイル交換に必要な道具

  • オイル
  • ドレンワッシャー
  • 受け皿(廃油ボックスなど)
  • 工具
  • オイルフィルター
  • パーツクリーナー

オイル

● 交換量を確認しておきましょう
車種により交換に使用する量が異なりますので確認しておきましょう。
上記のオイルは私がいつも使用しているオススメのオイルです。

別記事にて「エンジンオイルの選び方」を詳しく解説しています。

オイルの選び方はこちら

ドレンワッシャー

DAYTONA(デイトナ) オイルドレンワッシャ M12 3枚 95395

DAYTONA(デイトナ) オイルドレンワッシャ M12 3枚 95395

275円(05/14 11:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
● ドレンワッシャーのサイズを要確認
車種によりドレンワッシャーの大きさが異なりますので確認しましょう。
材質基本的にはなんでも大丈夫ですが、私はいつもアルミ製を使用しています。
また、車種によってはOリングを使用するケースもあります(アドレス110等)

受け皿(廃油ボックスなど)

● オイルの処理方法に注意
各自自体により異なりますが、オイルをそのまま捨てることはできません。
廃油ボックスでは、吸収材を使用し普通ゴミとして処理できる優れモノです。

工具

● ドレンボルトの脱着に必要
ドレンボルトのサイズが車種により異なるので、持っていない方は事前に確認しておきましょう。
大半の国産車が「メガネレンチのセット」で事足ります。
● 「フィルターレンチ」が必要
カートリッジ式の場合は「フィルターレンチ」を使用して外します。
使用するフィルターにより異なりますが、大半が「ホンダ・ヤマハ・カワサキ用」と「スズキ用」の2種類に別れています。


デイトナ 96321 オイルフィルターレンチ スズキ用

デイトナ 96321 オイルフィルターレンチ スズキ用

973円(05/14 12:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

使用頻度の高い工具一覧

オイルフィルター

● マグネット内蔵がオススメ
オイル内の鉄粉を吸着してくれるマグネットを内蔵したフィルターもあります。
また、内蔵式で必要なOリング等は使用しません

オイルフィルターの種類はこちら

パーツクリーナー

KURE パーツクリーナー #1422 840ML

KURE パーツクリーナー #1422 840ML

400円(05/14 06:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

車体に付いたオイルを落とすのに便利です。


-スポンサードリンク-


作業手順

〈STEP0〉作業を始める前に

フィラーキャップ確認

  • フィラーキャップが緩むか確認しよう
  • 稀にフィラーキャップがダメになっている車両があります。オイルを抜いてからでは手遅れなので、必ず事前に確認しましょう。

  • パッキン類は足りてるか確認使用
  • パッキンの再利用は「オイル漏れ」の原因になります。必ず新品に交換しましょう。

〈STEP1〉オイルを抜く

● 暖気するとオイル抜けが良くなる
オイルを抜く前に5分程度エンジンをかけて温めてあげると、オイルが温まり抜けが良くなります。
ドレンボルトを緩める

● ドレンボルトを緩める
ドレンボルトの位置は車両により異なります。
大体エンジンの最下部に下向きか横向きに付いていますが、わからない場合は調べましょう。

オイルを抜く

● 受け皿で抜けたオイルを受け止める
ここでは廃油ボックスを受け皿として使用しています。そのまま捨てることができるので便利です。

〈STEP2〉オイルフィルターを外す

フィルターを外す

● フィルターレンチを使用して外す
カートリッジ式の場合は「フィルターレンチ」を使い外します。
※種類がありますので上記の「必要なもの-工具」を参照

〈STEP3〉パッキン類を交換する

● 必ず新品に交換しよう
パッキン類の再利用は「オイル漏れ」の原因になります
パッキン類を交換する

● “ダブルパッキン”に注意
パッキンを新しいモノと古いモノで2重に使用することでもオイル漏れが発生します。
古いパッキンが”手元にあるか”確認しましょう。

Oリングにオイルを塗ると◎
エレメント_オイル塗る

● カートリッジ式はフチのOリングに塗る
よく見るとフィルターのフチにOリングがあります。ここにオイルを塗ることで摩擦で切れにくくなり、オイル漏れのリスクを下げられます。

〈STEP4〉適正な力で締める

適正トルクで締める

● “適正トルク”が大切
締め過ぎ/緩みすぎどちらもよくありませんので、適正な力で締めてあげましょう。
適正トルクは車両により異なりますので適宜確認してください。

-スポンサードリンク-


〈STEP5〉オイルを入れる

オイルを入れる

● 交換量の8割を目処に油面を調整する
オイルの抜ける量、入る量は個体により異なります。特に1回目は全容量入ることのほうが珍しいので、交換量の8割を一気に入れ、その後少しづつ入れて油面を合わせましょう。
油量の確認方法
油量の確認方法

● 油量の確認方法は2種類ある
エンジン内に入っているオイルの量は、「オイル点検窓」と「レベルゲージ」の2種類あります。これは車種によって異なります。
オイル点検窓は、車両にまたがって右側のフィラーキャップの近くにあります。
レベルゲージは、フィラーキャップの代わりになっています。

レベルゲージ確認方法

● レベルゲージの確認方法
レベルゲージを付いていた場所へ刺します。(締める必要はありません)
その後レベルゲージを抜き、油面が上限と下限の間にあるギザギザの間に来ていれば大丈夫です。

点検窓確認方法

● オイル点検窓の確認方法
車体を水平にします(センタースタンドがある場合はかける)。目視にて、上限と下限の間に油面が来ていれば大丈夫です。

〈STEP6〉暖気をする

● エンジンをかける前に
車両にかかったオイルをそのままにしておくと、焼き付いてシミになったりします。パーツクリーナーなどを使用し落としましょう。
● アイドリングを3分くらいする
エンジンをかけることで、下に溜まっているオイルをエンジン全体へ回してあげます。
3分ほどアイドリングをした後、エンジンを停止し1分くらい待ちます。これにより回っていたオイルが下へ落ちてきます。

〈STEP7〉油面を調整する

● 油面を確認して調整する
エンジンをかけて油面が下がった場合は、再度調整を行いましょう。
● オイル漏れがないか確認しよう
最後にオイル漏れをしていないか確認しましょう。
残念ながら漏れてしまっていた場合は、再度パッキンを用意し1からやり直しましょう。

-スポンサードリンク-


掛かった費用

オイル(3L使用) ¥4,800
ドレンワッシャー(1枚あたり) ¥100
廃油ボックス ¥400
フィルター(カートリッジ式) ¥1,200
フィルターレンチ ¥1,000
パーツクリーナー ¥420
交換総額 ¥7,900

※オイルの種類、車両により大きく異なります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ