【バイク】ホーンが鳴らない!原因を探って修復する

どうもこんにちは^^

きょうすけです。

Ninja400を新車で購入してから早1年が過ぎました。
これまでメンテナンスもしっかり行ってきたおかげか、特に故障等なく元気に走ってくれています(*^^*)

「新車は楽だなぁ~」なんて思っていると、遂にトラブル発生!!

ホーンを押しても・・・・鳴らない(._.)
普段使わないので正直このままでもいいんですが、万が一のためにも原因を特定して修理しましょう!


-スポンサードリンク-


ホーンが鳴らない原因

先ずは考えられる原因を確認します

  • ホーン自体の不良
  • スイッチの接点不良
  • ヒューズが飛んでいる
  • 配線に問題がある

パッと思い浮かぶ原因はこんなもんでしょうか?

接点不良など意外と簡単な理由で鳴らなくなってしまうので、1つずつ潰しながら原因を特定しましょう!

ミツバサンコーワ ホーン不吹鳴チェックシート
http://www.mskw.co.jp/support/car/Horn-check_alpha

原因を探って行く

Ninja400 ホーン

先ずはヒューズの確認をしましょう。
Ninja400はタンクカバーの下にあります。

バイク ヒューズ
▲ ホーンのヒューズの位置を確認して抜きます

バイク ヒューズ

ヒューズはどうやら飛んでいないようですね・・・
飛んでいたら中にあるU字の部分が切れたりしています

ヒューズを元に戻して、ヒューズ本体と配線の確認をしましょう

バイク ホーン

先ずは上から除いてみると・・・んんん!?

・・・・・・原因が判明しました。笑

ホーン 脱着

更に詳しく見るためにホーンを外します
ココのボルトで固定されているだけですので脱着は楽にできます

ホーン 配線

外してみるとやはり”配線が切れています
これによってホーンが鳴らなくなってしまっていたんですね

原因は恐らく半年以上前の事故の時でしょう
あの時に配線がブチ切れてしまったのでしょうね

原因が解りましたので、修復していきましょう(^O^)/


-スポンサードリンク-


配線切れの修理

それでは配線修理を始めていきます。

使用する道具は「電工ペンチ」「平型端子」のみです。
ターミナルセット1つで事足ります♪

配線修理 バイク
▲ カバーを取り外し、端子を外します

バイク 配線 端子
▲ 外した端子は再利用できないので、平型端子のメスを使用します

ホーン 不良
▲ 次に配線の被覆を剥がします。電工ペンチを使用しましょう

バイク 電装 配線
▲ 見辛いですが、被覆を剥がすことができました

配線 端子
▲ 剥いた配線に「平型端子」を圧着します

ホーン 修理 バイク
▲ 平型端子を付けた配線をホーンに挿し、ホーンの動作確認。問題なければ、ブチルテープ等で防水加工をして作業終了です!

意外と多い?ホーンの不良

今回はホーンが鳴らなくなったということで、原因の追求から修復までやってみました。

接点不良など意外と簡単な理由で鳴らなくなってしまったりするので、普段は使わないという方も定期的にチェックしてみてください!

配線の修復は電装系の作業では良く行う作業ですので、ホーンに限らず覚えていて損はないので是非挑戦してみてください(^O^)/

それでは


にほんブログ村に参加しました!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

1クリック待っております!
あなたの応援が励みになります(^^♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ